デモクラティックスクール ほしのたね

トップページスポンサー広告>スポンサーサイト

トップページ活動日記>ほしのたねの夏休み♪

スポンサーサイト

ご感想↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ↑

スポンサー広告一覧へ←

スポンサー広告  | ご感想(-)

2011年08月24日 (水)

ほしのたねの夏休み♪

ご感想↓

長い夏休みも、終盤にさしかかってきました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
いつも楽しみにブログをお読みくださっているみなさま、更新が遅くなりまして申し訳ございません。

ほしのたねも、ただいま、長い夏休み中です♪
メンバーは思い思いに夏を満喫していることでしょう!

ほしのたねが開校して初めての夏休み。

始めスタッフが一週間の夏休みを提案したところ、メンバーから「もっと長い夏休みが欲しい!」との声が上がったので、スタッフ、メンバー全員で話し合うことになりました。

休みたい理由の一つに「ほしのたねに来るのは暑くて大変だから」というものがありました。

メンバーは自転車、バス+徒歩、親に車で送迎してもらう、の3通りの方法でスクールに通っています。
スクールへは長い坂を上ってこなければなりません。
最寄のバス停からでもスクールに到着する頃には、全身に汗が噴き出します。
そして、ほしのたねには扇風機(※)がなかったので、ウチワで涼をとります。

こう聞くと、どんなに暑いのだろうか?と不安になられると思いますが、スクールは道路から少し下がった木立に囲まれている場所にあるため、室内に入ると少しひんやりします。
keshiki_convert_20110823162501.jpg
風が通ると初夏は寒いくらいでした。

結局、メンバー全員が「公立学校と同じ期間の夏休みが欲しい」との意見だったため、7/25~8/31までを夏休みとすることになりました。

(※)前述のこの扇風機の購入ついては、実は何度もミーティングで話し合いました。

最初はメンバー二人から「扇風機が欲しい」との提案があり、「提案した人が、出来るだけ安くて良いものを探して次のミーティングでみんなに発表する」ということになりました。

しかし、提案したメンバーは「やっぱり扇風機はいらない」と提案を撤回。
それに対する反対意見がなかったので、提案は立ち消えになりました。

扇風機の件が立ち消えになったことについて、またミーティングで話合いをしたところ、「提案者が安くて良い扇風機の探し方が分からなかったために意見撤回したこと」が分かり、希望者でお店にリサーチに行くことになりました。

結局メンバー全員でホームセンターにリサーチに行きました。

目的の扇風機は、その場で「これにしよう♪」と全員一致で決まり、「まだ暑くないから、暑くなったらこの扇風機を買いに来る」ことになり、残りの時間は、ほしのたねの工具や必要品の買出しをすることになりました。

メンバーは、お店で目にするもの一つ一つに足を止め、観察し、感想を言い合い、それは楽しそうでした。

何せお店はホームセンター。

ペットから工具から家電から食料品までありとあらゆるものが置いてあります。

メンバーの目はそれはそれはキラキラと輝いていました。

特にメンバーに人気だったのが、ペット売り場でした。

メンバーはなかなかここから動こうとしませんでした。

それから数日経ち、暑さにたまりかねたスタッフがミーティングで「扇風機が買いたい」と提案したところ、メンバーから「まだ暑くないから扇風機はいらない、暑かったらウチワで仰げば良いじゃん」との意見が出て、その意見が通ったため、扇風機は買わずに今日に至っています。
keshiki2_convert_20110823162631.jpg

実は大変ありがたいことに、夏休み中、スタッフが中古扇風機をゲットしてくれたので、ほしのたねに一台扇風機がやって来ました!

9/2、長い夏休みを過ごし、沢山のものを吸収したメンバーに会えるのが今から楽しみです。



関連記事

このページの先頭へ↑

活動日記一覧へ←

活動日記  | ご感想(0)

ご感想


入会案内

リンク

メニュー

お問い合わせ

star_seed2011☆
ybb.ne.jp

☆を@に変換してください。
折り返しご連絡させていただきます。

ほしのたねは、2011年4月17日東京都町田市に開校したスクールです。
2010年5月より立ち上げを目指す人が集まり準備を進め、お蔭様で計画通り開校いたしました。ありがとうございます。
お問い合わせなどがございましたら、メールにてお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。