デモクラティックスクール ほしのたね

トップページスポンサー広告>スポンサーサイト

トップページ活動日記>ワタカタ飴をつくる♪

スポンサーサイト

ご感想↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ↑

スポンサー広告一覧へ←

スポンサー広告  | ご感想(-)

2011年11月30日 (水)

ワタカタ飴をつくる♪

ご感想↓

11月3日、みんなで「野津田の丘秋まつり」に遊びに行って来ました。

去年はほしのたねでブース出展したのですが、今年はのんびり遊びに行くことになりました。

このお祭りで毎年長い行列が出来るのが「べっこう飴」。
どの子も割り箸の先についたべっこう飴をそれは幸せそうな顔してなめています。

ほしのたねのメンバーも2回並んで、べっこう飴を堪能しました。

その後、メンバーから「ワタカタ飴を作りたい」という提案がありました。
ワタカタ飴???
「綿菓子と同じ材料で出来た固い飴だからワタカタ飴って言うの!」とメンバーが説明してくれました。

早速スタッフと「いつ、誰が、どうやって作るか」について話合いました。

そして、①作り方を調べる→②材料を買いに行く→③作って食べる、という段取りと、それぞれいつ行うかを決めました。

材料費はほしのたねから出金することも決めました。

作り方を調べることになっていた日、メンバー達はなかなか調べる気配がありません。

実はほしのたねに、遂に禁断の(?)コタツが出現したため、みんなコタツから一歩も出られない病にかかってしまったのです!

最初はコタツで活動していたメンバーでしたが、お昼にもなると太陽がさんさんと照り、とても暖かくなったので、トランポリン(※)に出掛けて行きました。
DSCF2619.jpg
※スクールの近くにトランポリンを無料で使わせてくれる場所があり、メンバーのお気に入りの場所となっています。

「べっこう飴の作り方、調べるのはどうするのー?」とスタッフが聞くと、「帰ってから調べる」と言って、飛び出して行きました。

結局その日は「調べるのは今度にする」という意見が出て、次の活動日にインターネットで調べました。

買い物は、メンバーから「自分たちだけで買い物に挑戦してみたい」という意見が出て、みんながそれに賛成したので、メンバーは自分で書いた買い物リストを持ってスタッフ抜きで初めて買出しに行きました。

そして、いよいよ作る日になりました。

作り方を再度確認したら、計量カップがないことに気がつき、急いで買出しに行き、いざ作成開始です!

1回目はどうやら煮詰めるのが十分でなかったようです。
苦労して入れた型から飴が流れ出て来ています。
「ちょっと舐めてみよ~」
「あっまーーーー」

2回目に挑戦です。
DSCF2625.jpg
「もう少し煮詰めてどろっとさせた方が良いんじゃないかな」というスタッフのアドバイスもあって、2回目は型の中で固まりました。

冷めて型から外せるようになるまで、インターネットを楽しんで、いよいよ試食です。

スタッフが写真を撮ろうと思ったら、メンバーはすごい速さで二つ出来た「ワタカタ飴」を食べてしまいました。

「全然ワタカタ飴の味がしない」
「ただの砂糖の味しかしない」
「もう作らない」と言って、今日もメンバーはトランポリンに出掛けて行きました。

トランポリンから意気揚々と帰ってきたメンバーに
「片づけが残っているよー」とスタッフが声を掛けます。
DSCF2627.jpg
スタッフは少し意外だったのですが、メンバーは洗い物をとても楽しんでいました。

「ワタカタ飴作り」の中で、一番楽しんでいるように見えました。

そして、とても丁寧に洗っていました。

「洗い物をこんなに楽しそうにする人を初めて見たよー」と感動して言うスタッフに
「俺たちは二人でやれば何だって出来るんだよねー」とメンバーが答えます。

去年の体験スクールで初めて出会ったこの二人のメンバーは、今や強い絆で結ばれているようです。

今後の展開が楽しみです♪



関連記事

このページの先頭へ↑

活動日記一覧へ←

活動日記  | ご感想(0)

ご感想


入会案内

リンク

メニュー

お問い合わせ

star_seed2011☆
ybb.ne.jp

☆を@に変換してください。
折り返しご連絡させていただきます。

ほしのたねは、2011年4月17日東京都町田市に開校したスクールです。
2010年5月より立ち上げを目指す人が集まり準備を進め、お蔭様で計画通り開校いたしました。ありがとうございます。
お問い合わせなどがございましたら、メールにてお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。